りらっくすカフェ

おっちょこちょいだけど一生懸命やってます。ちょっとのぞいて、うふふと笑って、ほっこりと和んで下さいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

語録

娘、もう6才、されど6才。まだまだ面白いこと言ってくれちゃってます。


*思い込みが激しせいで、覚え間違いや言い間違いの激しい娘。
虫の話題で「ふんころがし」と言いたかったらしいのだけど、
「おかーさん、うんころ虫がね、」と言い始めて目が点でした( ´∀`)

*家の中で廊下などの通り道にも所構わず店開きをして散らかし放題なのを叱られた娘。
しかし凝りもせず、「おかーさん、とおり道に置かないからお店していい?」と。
「じゃあ、いいよ。」と返事をしたら、その後で
「・・・とおり道ってどこだろう?」と呟いていたのをおとーさんが聞いたらしいwww

*年末からいろいろと戴き物をしたので、じいじのお野菜をお礼におすそ分けしていたのですが、それを見ていた娘がひと言。「そうやって、もらったら仕返しするんだよね!!」

・・・お返しだよ(´・ω・`)、仕返ししてどーする?!(爆)


これで春から小学生・・・やっぱり、ちょっぴり心配。

スポンサーサイト
【 2014/01/14 】 おもしろ育児 | TB(-) | CM(0)

Merry Christmas!! (2013)

メリークリスマス!!

今年のクリスマスはどんな風に過ごしましたか?
わが家はみんなが揃う23日にささやかなおうちパーティをしました。
ケーキを作ったり料理を用意したり、子どもにとっては一大イベントだものね。大変だったけどみんなで準備をがんばりました。

そして今朝・・・娘のもとにサンタさんからプレゼントが届きました
プレゼントに「本当に使える魔法のステッキ」をお願いしていた娘。2~3ヶ月前から言い始めてそこから絶対に揺らぐことがなかったので、ダンナさんと頭を悩ませ、こうなったら杖を用意して演技を貫き通そうということに。それが嘘でも、大人になってみれば一つの良い思い出になるんじゃないか?という結論に達したのです。

計画は約1ヶ月前から粛々と始められました。まず通販で本物っぽく見える「ハリーポッターの魔法の杖」を購入。女の子向けのデザインということで、ハーマイオニーの杖に決めました。娘が家にいる時に宅配便が届いてしまうとバレるので、ピンポンが鳴っても居留守をして宅配BOXに入れてもらい、夜中にこっそり取りに行って第一段階終了。

第二段階は「サンタさんからのお手紙作成」。文具屋さんでそれっぽく見える上質紙を買って来て、文面をダンナさんが考え、それを私が英訳しました。できあがったお手紙はこんな感じ。↓


ltfm_santa.jpg



「この杖は11歳にならないと使えません。魔法を使うには賢い頭と優しい心と元気な体が必要です。11歳になるまで、お友達といっぱい遊んでいっぱい勉強してください。そうしたら11歳のお誕生日に魔法学校から入学許可書が届くかもしれません。ハリーポッターのように。」

といった内容が書いてありますwww

私はね、魔法が使えないと分かったら娘は大荒れするんじゃないかと思っていました。だからこの計画に乗るのはちょっぴり反対だったんです。でもダンナさんはそれもひとつの経験だといって譲らなかった。この辺は二人ともすっごく頑固なのよね(´・ω・`)

そしてさっき、ついにプレゼントと手紙が開封されたわけですが・・・開ける時の娘の心臓はドキドキ、パジャマの上から触っても分かるくらい。振っても魔法は働かなかった杖、その理由が書いてある英語のお手紙・・・娘はね、意外や意外、とても素直にそのことを受け入れました。

本当に魔法が使えない杖でも大事そうに持って、ちょっと振ってみたりして。「魔法が使えるようになったらお母さんにおててを100本生やしてあげるね。そうしたらご用事が早くできるから。」なーんて。いや、それはものすごく気持ち悪いんですけど

そして今、娘はハリーポッターのビデオを見ております。

こんな結末で私はびっくり。

でも頑張って準備してきた同志のダンナさんとはこっそりガッツポーズを交わしました。
大人になった娘は、この時のことをどんな風に思い返すのかしら?
将来そんな話をするのもまた、楽しみです。

【 2013/12/25 】 おもしろ育児 | TB(-) | CM(0)

説明だった・・・

今日は家族プラスおじいちゃんおばあちゃん連れで動物園へ行ってきました。
行楽日和だったのですごい人出でした。

幼稚園の遠足でも行ったりしてよく行く動物園なので、勝手知ったる感じで
いつも通り動物を見ながらのんびり歩いていたのですが、案の定娘さん、
ここに来た時にするいつものおねだりを始めました。
それは、動物舎の前に設置してある100円の有料ガイドにお金を入れてほしいとねだること。
私は今までこれを頑なにお断りしてきたのです。

けれど今日になって、どうして娘がそんなにもそれをおねだりしてきたのかが判明。
展示されている動物の生態を公衆電話(?)にトランシーバーのような
マイクがついている機械が一方的にアナウンスで説明するだけなのですが、
なんと娘はそれで動物さんと「もしもし」、「はいはい、
何ですか?○○ちゃん」とおはなしできる「夢の機械」と思い込んでいたらしいのです(´・ω・`)

今日はおじいちゃん(=スポンサー)も一緒なので、今日こそはいけるかもと
粘ってみようと思ったらしく、私もとうとう根負けして100円を渡してやりました。

「じゃあ、あたしが100円入れる~!行くよ~

カチャリ(わくわく)

どきどきしながらトランシーバーを口元に持っていく娘。

父「耳だよ、耳!」

娘「えっ?耳?!(耳元に流れてくる女性のアナウンス)・・・・・せつめいだったorz」


も~う、その娘のがっかりぶりが可笑しいったら!!
思い込みが激しいのと、言い出したらきかないガンコちゃんな性格なのとで、
自分で体験してみないと絶対に納得しないところがあるのですが、
今回はもうしょうがない、と本人も降参するしかなかった様子でした

なんでも身を持って体験するって大事なことよね~、うん。
今回の100円は価値ある100円だったかな(^ ^)

【 2013/11/17 】 おもしろ育児 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

おっちょこ

Author:おっちょこ
いらっしゃいませ。
楽しんでいただければ嬉しいです。

家族の日々の可笑しみを中心に
地元横浜のグルメや遊びスポットを
紹介しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。