りらっくすカフェ

おっちょこちょいだけど一生懸命やってます。ちょっとのぞいて、うふふと笑って、ほっこりと和んで下さいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Merry Christmas!! (2013)

メリークリスマス!!

今年のクリスマスはどんな風に過ごしましたか?
わが家はみんなが揃う23日にささやかなおうちパーティをしました。
ケーキを作ったり料理を用意したり、子どもにとっては一大イベントだものね。大変だったけどみんなで準備をがんばりました。

そして今朝・・・娘のもとにサンタさんからプレゼントが届きました
プレゼントに「本当に使える魔法のステッキ」をお願いしていた娘。2~3ヶ月前から言い始めてそこから絶対に揺らぐことがなかったので、ダンナさんと頭を悩ませ、こうなったら杖を用意して演技を貫き通そうということに。それが嘘でも、大人になってみれば一つの良い思い出になるんじゃないか?という結論に達したのです。

計画は約1ヶ月前から粛々と始められました。まず通販で本物っぽく見える「ハリーポッターの魔法の杖」を購入。女の子向けのデザインということで、ハーマイオニーの杖に決めました。娘が家にいる時に宅配便が届いてしまうとバレるので、ピンポンが鳴っても居留守をして宅配BOXに入れてもらい、夜中にこっそり取りに行って第一段階終了。

第二段階は「サンタさんからのお手紙作成」。文具屋さんでそれっぽく見える上質紙を買って来て、文面をダンナさんが考え、それを私が英訳しました。できあがったお手紙はこんな感じ。↓


ltfm_santa.jpg



「この杖は11歳にならないと使えません。魔法を使うには賢い頭と優しい心と元気な体が必要です。11歳になるまで、お友達といっぱい遊んでいっぱい勉強してください。そうしたら11歳のお誕生日に魔法学校から入学許可書が届くかもしれません。ハリーポッターのように。」

といった内容が書いてありますwww

私はね、魔法が使えないと分かったら娘は大荒れするんじゃないかと思っていました。だからこの計画に乗るのはちょっぴり反対だったんです。でもダンナさんはそれもひとつの経験だといって譲らなかった。この辺は二人ともすっごく頑固なのよね(´・ω・`)

そしてさっき、ついにプレゼントと手紙が開封されたわけですが・・・開ける時の娘の心臓はドキドキ、パジャマの上から触っても分かるくらい。振っても魔法は働かなかった杖、その理由が書いてある英語のお手紙・・・娘はね、意外や意外、とても素直にそのことを受け入れました。

本当に魔法が使えない杖でも大事そうに持って、ちょっと振ってみたりして。「魔法が使えるようになったらお母さんにおててを100本生やしてあげるね。そうしたらご用事が早くできるから。」なーんて。いや、それはものすごく気持ち悪いんですけど

そして今、娘はハリーポッターのビデオを見ております。

こんな結末で私はびっくり。

でも頑張って準備してきた同志のダンナさんとはこっそりガッツポーズを交わしました。
大人になった娘は、この時のことをどんな風に思い返すのかしら?
将来そんな話をするのもまた、楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
【 2013/12/25 】 おもしろ育児 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

おっちょこ

Author:おっちょこ
いらっしゃいませ。
楽しんでいただければ嬉しいです。

家族の日々の可笑しみを中心に
地元横浜のグルメや遊びスポットを
紹介しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。